紙の家

中古別荘に定住する場合の注意点

寝室

自然に恵まれたロケーションにある別荘は、居るだけでリラックス出来るものです。
中古の建物付き物件であれば、価格も手ごろで、誰でも手に入れる事が出来る筈です。

しかし、本来の別荘としての利用ならともかくとして、定住するとなると、問題点も生じてきます。
まず、別荘用途として建てられた一戸建ての特徴として、大抵の場合眺望や開放感を重視している事が挙げられます。
大きな窓が何面にも設けられていたり、広大な吹き抜けやロフトがあったりと、とにかく景色を楽しんだり、開放的な気分に浸る事に特化しているケースが多いものです。

そうした点は、定住する場合もメリットになり得ますが、逆にデメリットもあります。
窓の面積が大きいと、それだけ断熱性が低くなります。
特に、山の別荘地などは夜に冷え込む事が多く、そうした別荘仕様の場合室内も相当寒くなってしまいます。
又、吹き抜けやロフト等も、夏場は良いとしても、冬は寒くなりがちです。
結果として、暖房費がかなり嵩む事にも繋がります。

ただ、窓に関しては、二重サッシ化したり、断熱性の高いカーテンを引いたりする事で、かなり改善する事が可能です。
しかし、吹き抜けやロフトは如何ともし難いので、もし定住目的で中古別荘を選ぶなら、そうした物件は避けた方が賢明でしょう。

ピックアップコンテンツ

  • 寝室

    他人の面倒が必要な一人暮らし

    一人暮らしとなると、親の世話も無く子供の世話も無く、 伴侶に気を使うこともないかなり自由な住まいが想定できます。 一人暮らしってわ…

    Readmore

  • 赤いソファ

    賃貸料金の大きさ

    アパートに住まうと親の所有しているアパートや自分が所有しているアパートでもない限り賃貸料金が発生してしまいます。賃貸料金に加えてその他諸々…

    Readmore

  • 暖炉のある部屋

    ほどほどなる清潔感の住まい

    私は一人暮らしをしているのでそれ程ゴミが出ないはずなのですが、気付くと床にぽろぽろとゴミが落ちており頻?なる掃除が必要になります。足の指の…

    Readmore

  • キッチン

    理想の住まい

    わたしは、結婚してアパート暮らしからマンションへ住まいを替えてきました。いまは、4DKのところに住んでいます。部屋探しで一番重要にしていることがあるんです…

    Readmore