紙の家

賃貸と自炊について

一人暮らしをしていたら自炊は必ずしないといけないですけど、シェアハウスで暮らせば料理好きの人が勝手にご飯作ってくれるのでシェアハウスは楽ちんですよ。

一人暮らしをするうえで避けられないのが自炊するかどうかだと思います。私は外食と自炊が半々ぐらいですが、自炊を続けるための賃貸アパート選びについて書こうと思います。
まず、なによりも重要なのが借りようとしているアパートの近くにある程度の規模のスーパーがあるかどうかです。
近いならば学校の帰りや会社からアパートに帰ってから買い出しにいく気力が湧きますが、遠いと疲れているときなどコンビニですましてしまうことが多くなります。
また、お店が通学、通勤路の途中にあることも重要だと思います。毎日買い出しに行く習慣がつきやすいからです。

アパートのキッチンの広さも重要です。キッチンが狭いとまな板が小さいものしかおけず、食材が切りにくかったりしますし、切ったものを置いておく場所に困ったりし嫌になってしまうものです。また、流しの大きさも見逃せません。流しが狭いと跳ねた水が床を濡らしやすくなったり、洗物の置き場にも困ります。

バーナーが二つのガステーブルコンロを設置できるかも大切です。火を使った料理を2品作ろうとした場合バーナーが一つしかないタイプですとどうしも先に作った料理は冷めてしまい、食べるときにがっかりしてしまいます。

自炊を続けるうえでアパートの立地条件やキッチンの広さは意外と重要です。自炊を考えている人に少しでも助けになれば幸いです。

良い不動産 悪い不動産

不動産というのは、何でもいいという時代は終わったのだと思います。地震、津波、原発事故等の災害に晒されて、不動産神話自体崩れつつあるように思えます。不動産を持っていること事態、日本という災害多発国においては、憂鬱の種にすらなってきています。災害に晒された不動産は、一銭の価値すらないケースもあり、むしろ、お荷物ですらあるという有様です。
こうしたなかで、良い不動産を考えることも難しくなっている昨今ですが、とりあえず、悪い不動産から考えますと、第一に家が車道につながっていない不動産は、ほとんど無価値だということです。つまり、資産価値がなく、その家を担保に誰もお金を貸してくれません。実は、私共は、そういう坂にある中古住宅を購入してしまったのですが、別に騙されて購入した訳でもありません。車が入らないから隣家にも遠く、緑も多いので空気もきれい、家も広く立派、実に住環境がよいと考え選択したのです。しかし、失敗でした。
道は、すぐ下まで来ていて、都市計画税というものを徴集しているのだから十年以内には何とか行政は考えてくれるだろうと思っていましたが、大間違いでした。全くそんな気配もなく、市会議員に相談しても駄目で、そのうち、この辺りに住んでいた人々は高齢になり、少しづつ空き家になっていきました。庭も広い素敵なお家なのに、売るにも資産価値がなく、売るにも売れず、貸すにも借り手がないからです。
こうしたことから、良い不動産の第一条件は、車道に必ず繋がっていること……そうでないと、年をとってきて足腰が弱っても、車道に繋がらない家に住んでいると介護すら受けられないという現実です。救急車も横付けできません。今になって、そのことを身にしみて感じています。

おすすめサイト

コンテンツ一覧

ピックアップコンテンツ

  • 寝室

    他人の面倒が必要な一人暮らし

    一人暮らしとなると、親の世話も無く子供の世話も無く、 伴侶に気を使うこともないかなり自由な住まいが想定できます。 一人暮らしってわ…

    Readmore

  • 赤いソファ

    賃貸料金の大きさ

    アパートに住まうと親の所有しているアパートや自分が所有しているアパートでもない限り賃貸料金が発生してしまいます。賃貸料金に加えてその他諸々…

    Readmore

  • 暖炉のある部屋

    ほどほどなる清潔感の住まい

    私は一人暮らしをしているのでそれ程ゴミが出ないはずなのですが、気付くと床にぽろぽろとゴミが落ちており頻?なる掃除が必要になります。足の指の…

    Readmore

  • キッチン

    理想の住まい

    わたしは、結婚してアパート暮らしからマンションへ住まいを替えてきました。いまは、4DKのところに住んでいます。部屋探しで一番重要にしていることがあるんです…

    Readmore